ベースの弾き方

イヌでも弾ける!ロックベース講座 〜初心者向けベース入門〜

ベースを弾いてみよう
『フォームの確認』編


まずはロックベースの基本とも言えるピック弾きのフォームを確認しておきましょう。
ピック弾きの時に重要なのがピックと弦の当たる角度が重要になってきます。弦に対して斜めにピックが当たっていると弦とピックがこすれて「ジョリジョリ」した音が出てしまいます。

なるべく弦と平行に弾くようにこころがけましょう。メタルの16分を弾くとき等はある程度角度をつけた方が弾きやすいかもしれません。



右手の動きの基本は肘を軸にしたストロークです。手首に力を入れすぎないように注意して弾いてみましょう。


また、ピックを使用しない奏法もあります。
ここではベースの奏法の基本である「2フィンガー」に関して説明します。

「2フィンガー」とは名前の通り2本の指を使って弾く奏法です。右手の人差し指、中指を使用します。
フォームとしては右手の親指をピックアップに軽くのせ、人差し指、中指は曲げ過ぎず伸ばしすぎず、弦を押し込むようにはじきます。

演奏する曲やジャンルによって奏法は変わってきますのでどちらも弾けるように練習しましょう。



画像・音声を含め、一切の複製・転載を禁止いたします
Copyright-2010 イヌでも弾ける!ロックベース講座 AllrightsReserved